市販の便秘薬とその効果

市販の有名便秘薬

便秘薬はいろいろな製薬会社からたくさんの種類が発売されていますが、もっとも有名な便秘市販薬といえばコーラックでしょう。

 

テレビコマーシャルをしているので便秘の方はもちろん、便秘になったことない方でも一度は名前を耳にしたことがあるのではないでしょうか。
効果が高い便秘薬として長年使われているコーラックは、時代とともにどんどん進化していて、今では便秘の症状に合わせて種類も豊富になっています。
効き目が緩やかで腹痛を起こしにくいコーラックソフト、便秘の度合いに合わせて摂取量をコントロールできるコーラックU、生薬を配合したコーラックハーブなどラインナップが豊富なので、自分の便秘に合わせて選ぶことが出来るのが特徴です。

 

このように様々な種類があるコーラックですが、基本的な効果は慢性化した便秘の解消です。
コーラックの主成分はビサコジルというもので、これが腸をダイレクトに刺激して蠕動運動を強力に促進することで便秘を解消します。
ビサコジルは医療機関で使われる下剤の主成分になるぐらい効果が高いので、コーラックはどんな便秘にも即効性のある効果を発揮してくれます。

 

市販の便秘薬の副作用について

 

ただし、それだけ強力な効果があるので、副作用があるのも事実です。
主な副作用は腹痛や下痢、常習化というものですが、腹痛や下痢は種類によっては起こらないこともあるので、あまり気にする必要はありません。
ですが常習化は、自分でしっかり管理ができないと防げません
コーラックを服用すれば簡単に便秘が解消出来るので、ついつい使ってしまいますが、薬による刺激に頼りすぎると体が持つ排便機能が低下して、自分で排便することができなくなってしまいます。
コーラックは便秘を根本から改善するのではなく、便秘の症状を解消するものなので、便を排出したら根本的に改善出来る対策を行いましょう。

 

と言っても、便秘の状態が長期間続くと、どんどん解消が難しくなりますし体にも悪影響なので、辛い時にはコーラックで解消するというのは良いことです。
便秘薬は使い方さえ間違わなければ安全かつ便秘解消に効果的なので、上手に利用しましょう。