便秘解消サプリメントの主な成分について

どんな成分が便秘解消サプリメント向きなの?

便秘に効果があると言われている成分の中で、もっともポピュラーなのが食物繊維ですね。
食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類に分かれますが、水溶性は水に溶けて便に水分を取り込んで柔らかくし排出しやすくしてくれます。
不溶性は便の重量を増やして腸を刺激し、蠕動運動を促進して排出を促すので食物繊維は便秘解消にもっとも有効と言われていました。
ですが、最近は便秘解消のための研究が進み、いろいろな成分が使われるようになっています。

 

 

 

便秘を解消する効果が期待できるサプリメントは、大きく分けると3つのタイプあります。

 

腸内環境を整える有効成分が配合されているもの、腸の蠕動運動を促進する効果があるもの、便を排出しやすくするための成分が配合されているものが主なタイプになります。

 

腸内環境を整えるタイプには、善玉菌を優勢にする乳酸菌、善玉菌の餌となるオリゴ糖などが配合されています。
腸の蠕動運動を促進するタイプだと、腸を刺激するカルシウムや腸壁を刺激するマグネシウムが主成分となっています。
便の排出を促すタイプには、食物繊維やハトムギエキス、ドクダミエキスなど便通を促す成分が配合されていることが多いですね。

 

自分の便秘の状態とあったサプリメントを

 

ここで重要なのは、自分の便秘の状態にあった成分が配合されているサプリメントを摂取するということです。
便秘にも、弛緩性便秘や痙攣性便秘などの種類がありますし、便秘になった原因も人それぞれ違います。
自分の便秘のタイプにあっていないサプリメントでは、当然ですが解消するためのアプローチが間違っているので思うような効果を得ることができません。

 

例えば、便秘と下痢を繰り返すという状態であれば、腸の悪玉菌が優勢になっていて環境が悪化しているので、腸内環境を整える成分が有効です。
栄養バランスの整った食事をしているけど便通がないという場合は、蠕動運動がスムーズに行われていない可能性があるため、蠕動運動を促進する成分が必要になります。
つまりサプリメントを便秘解消に役立てるには、成分とその効果をチェックして、自分の便秘のタイプにあったものを摂ることが大事なのですね。