便秘と漢方薬について

便秘に効果的な漢方薬

漢方の世界では、健康は気と血と水のバランスが重要とされていて、このバランスが整い正常に循環していることで保たれていると考えられています。
つまり、健康を害すということはこれらのバランスが崩れたり、循環が滞ってしまっている状態ということになります。
便秘解消効果がある漢方薬もこの理論に則って、あらゆる生薬が配合されています。

 

おすすめの漢方薬

 

便秘に効く漢方薬にもいろいろな種類がありますが、もっともスタンダードなのは大黄甘草湯です。
この漢方薬は市販されているので、手軽に購入することができます。
大黄という生薬は、漢方便秘薬のほとんどに含まれているものなので、漢方初心者の方はこの漢方から試してみて効果を確認するといいですね。

 

ただし、大黄甘草湯は下剤作用がある大黄の含有量が多いため即効性が高いものの、体に若干の負担をかけてしまいます。
ですので緩やかな効き目でいいから体に優しく改善していきたいという場合は、桂枝加芍薬大黄湯という漢方がおすすめです。
この漢方は大黄の含有量が少なくなっているので、お腹が弱い、下痢をしやすいという方でも安心して服用できます。
どちらの漢方薬も基本的に便秘のタイプを選ばず、気血水のバランスに働きかけてトータル的にアプローチしてくれるので、まずはこういった漢方から試してみるといいでしょう。

 

ストレスからの便秘には・・

 

ただし、気の乱れか血の巡りか水の不足かによって便秘の症状に違いがあり、漢方薬もそれぞれに効能が異なるので、漢方に慣れてきたら症状に合わせたものを選ぶのが理想的です。
ストレスや精神的な事由が原因の場合は気の乱れなので、メンタル面にも作用する柴胡加竜骨牡蛎湯という漢方が良いと言われています。

 

血行不良や腸機能が低下しているのは血のめぐりの悪化ですから、血行を促進する大柴胡湯やホルモンバランスを整える桃核承気湯がいいでしょう。
水が不足して便が硬くて便秘が慢性化している場合は、潤いを与える効果がある麻子仁丸という漢方が効果的です。