便秘のタイプ

便秘のタイプは3種類

便秘とは3日以上便通がない、便の状態が悪いなどの症状を表す総称ですが、実はいろいろなタイプがあるのです。
便秘解消法もいろいろありますが、実践しても効果がないというのは自分の便秘のタイプにあった解消法を行っていないからかもしれません。
ですので便秘を解消するには、便秘のタイプを知ることも必要なのです。

 

便秘には3つのタイプがあります

 

便秘は、主に弛緩性便秘、痙攣性便秘、直腸性便秘の3タイプに分けられます。
弛緩性便秘は日本人にもっとも多いと言われるタイプで、一般的に言われる便秘は弛緩性便秘になります。
弛緩性便秘とは、筋力の低下や運動不足、加齢による内臓の垂れなどで腸が緩んでハリがなくなることで起こります。
主な症状は、固くてコロコロとした便しか出ない、便は出ないけどガスはたくさん出る、吹き出物などの肌荒れが慢性的に起こるということが挙げられます。

 

痙攣性便秘は最近増えているタイプの便秘で、主にストレスが原因と言われています。
この便秘の特徴は、便秘と下痢が交互に発生するということです。
痙攣性便秘は腸の機能が活性化しすぎて、収縮のリズムが狂い、痙攣したような状態になることで起こります。
ストレスが溜まっていたり、忙しくて睡眠が不足したり運動不足になると、腸の機能をコントロールする自律神経が乱れるので、これが原因となって痙攣性便秘が引き起こされます。

 

直腸性便秘は、蠕動運動によって便が肛門まで運ばれているのに起こってしまう便秘です。
原因としては肛門の機能障害も挙げられますが、もっと多いのは便意を我慢してしまうことです。
仕事や移動中などで便意があるのにトイレを我慢してしまうと、その刺激に腸が慣れてしまい便意を感じなくなり、便を排出することができなくなってしまいます。
また、痔など肛門に問題があると排便を我慢してしまうので、これも直腸性便秘を引き起こします。
主な症状は、お腹が張っていても便意を感じない、便秘薬を飲むと下痢になってしまうというようなものが挙げられます。

 

以上が主な便秘のタイプになりますが、まずは自分の便秘の症状と照らし合わせてみて、当てはまるものを見つけたら、それにあった解消法を実践しましょう。