便秘の原因って何だろう?

便秘の原因って何だろう?

便秘を解消するためには、解消方法を実践する前に原因を知ってそれを改善していかなくてはいけません。
便秘の原因は実にたくさんありますが、生活習慣の中で思い当たることがあれば、その原因によって症状が引き起こされているのでチェックしてみましょう。

 

食物繊維の不足

 

便秘の原因としてまず挙げられるのが食物繊維不足です。
食物繊維は便のカサを増やしたり、善玉菌を優勢にして悪玉菌の働きを抑制したり、蠕動運動を促進するなど便通に大きく関わる成分です。
もちろん排便のためには他の成分も必要ですが、食物繊維はその中でも一番便通に働きかける成分なので、食物繊維が不足すると便秘になりやすいのです。
現代人は食物繊維が含まれる野菜や歯ごたえのある食材の絶対量が不足しているため、食物繊維不足で便秘になる人が多いのです。

 

 

運動不足

 

そして、もう一つ現代人の特徴的な原因として運動不足が挙げられます。
運動をしないと筋力が低下してしまうため、お腹の筋肉も衰えて腸への刺激が少なくなって蠕動運動が行われなくなってしまいます。
蠕動運動は、腸が収縮をすることで便を肛門にまで運んで押し出すという運動ですが、これが正常に行われないと便が腸に留まってしまい便秘になります。
また、運動をすると幸せを感じるホルモンが分泌されて、ストレスが解消出来たり自律神経を良好な状態に保てます。
逆に運動をしないと、ストレスが溜まったり自律神経が乱れてしまい、胃腸の働きに関与する副交感神経が鈍って便秘に繋がります。

 

 

腸内環境の悪化

 

こういった原因に加え、最近増えているのが腸内環境の悪化です。
腸の中には100種類以上の腸内細菌が存在していて、その数は100兆個以上と言われています。
腸内細菌は善玉菌と悪玉菌、そしてどちらかが優勢になるとその菌に加勢する日和見菌の3種類があり、これらのバランスが保たれることで腸は正常に働きます。
しかし悪玉菌が優勢になると、便がきちんと生成されなかったり、蠕動運動が滞って便秘を引き起こします。
腸内環境はいい加減な食生活やストレス、睡眠不足や栄養不足などですぐに悪化するので、生活習慣が乱れている人は注意しましょう。